電動アシスト自転車 価格 人気

電動アシスト自転車の低価格で人気な商品をチェック!

電動アシスト自転車は免許も不要ですので、老若男女が気軽に乗る事が出来る優れた乗り物です。

 

 

電動アシスト自転車は、自転車に電動モーターが付属したものですが、半自動である事から原動機付き自転車と自転車の間の丁度良いバランスの取れた存在となっている為、発売当初から現在まで高い人気を集めています。

 

 

原付バイクといえば、手軽で便利な乗り物ですが

 

  • 免許が必要
  •  

  • ヘルメットなどの装備が必要
  •  

  • ガソリン・エンジンオイル・バッテリーが必要
  •  

  • 車道を走る為危険度が高い
  •  

  • 車と同じ道路交通法が適用される
  •  

  • 一方通行などどこでも自由に乗る事が出来ない
  •  

  • 二段階右折など、難しいルールがある
  •  

  • 風の抵抗に弱く安定しない

 

 

など、メリットの反面デメリットも沢山あります。

 

 

これに対して自転車は大人から子供まで誰でも手軽に乗る事が出来る乗り物ですが

 

  • 上り坂では荷物になってしまう
  •  

  • 荷物を積むとペダルを漕ぐ負担が高くなる
  •  

  • 風の抵抗を受けると前に進みにくくなる
  •  

  • 人力の為疲れる
  •  

  • そんなに遠くまで行く事は出来ない
  •  

  • 体力・脚力が必要

 

 

など、100%人力が故に辛い部分もあります。

 

 

このように、バイクと自転車それぞれにメリット・デメリットがありますが、電動アシスト自転車であればその両方のいいとこ取りをして作られていますので、とても快適に利用する事が出来ます。

 

 

電動アシスト自転車のメリット

 

  • 免許不要で誰でも乗れる
  •  

  • 自転車ルールで走行可能
  •  

  • 自転車でキツイこぎ出しを強力にアシスト
  •  

  • 上り坂でも座って楽々こぐ事が出来る
  •  

  • 荷物が増えても快適さは変わらない
  •  

  • 風の抵抗を受けてもペダルの重さは変わらない
  •  

  • 平地もスイスイ進むので遠出しても疲れない
  •  

  • 万が一事故をしても自転車扱いの為大きな問題にはなりにくい
  •  

  • 車・バイク程厳しいルールは適用されていない(近年見直されて自転車も厳しくなって来ています。)
  •  

  • 即罰金などの違反になる事が少ない

 

 

など、このように考えるとバイクと自転車両方の良いとこ取りという事がわかります。

 

 

特に、バイクなどで対人事故をしてしまうと怪我の有無に関わらずどんなに簡単な事故でも賠償問題になってしまいますが、自転車の対人事故はよっぽどでない限りそこまで大事になる事はありません。

 

 

車対バイクだと車の方が責任が重く、バイク対自転車だとバイクの方が責任が重いです。

 

 

自転車対人に関しては、あまり大事故になるという例は少ない事から同義でみなされる事も多いですので、よっぽど酷い運転をしない限りは問題になるという心配も不要です。

 

 

電動アシスト自転車の価格

 

 

電動アシスト自転車は子供乗せなど様々な用途で利用されていますが、高いものだと10万円は軽く超えてしまいます。

 

 

電動アシスト自転車といえば高いというイメージも強いと思います。

 

 

しかし、近年は電動アシスト自転車の低価格・激安なものも販売されています。

 

 

一番安いものだと3〜4万円程度から選ぶ事も可能ですので、低価格なものでアシスト自転車を選びたいという事でしたらそれ位の相場のものから検討してみると良いと思います。

 

 

自転車でも様々な価格帯のものがありますが、パーツやギア・車体の軽量化など拘ればどこまでも高くなります。

 

子供乗せ自転車などは、その分の荷重が計算されて車体が作られていますので、ボディだけでも高いです。

 

 

普通の用途で使うのであまり拘りが無いという事であれば、そこまで高いものを選ぶ必要も無いのかなと思いますので、自分の予算と用途に合わせて一番良いものを選ぶ様にしましょう。

 

 

↓↓↓電動アシスト自転車の激安ショップ!↓↓↓

 

 

 

 

 

 

↓↓↓人気の車種から選びたいという場合はこちら↓↓↓

 

 

【⇒電動アシスト自転車楽天人気ランキングはこちら!】